痛みは我慢出来ないほどではない

"一昔前の脱毛器というのは、正直な話とても安全性が認められているものだけではありませんでした。
しかし最近発売されている脱毛器は、安心安全に理想的な脱毛対策をすることが出来ます。脱毛サロンでは脱毛箇所に光(フラッシュ)を当てて脱毛が開始されます。
痛みを和らげるために、ジェルなどを最初に塗ることもあります。

 

脱毛サロンの施術では「ピッ」という音とともに、光が出て毛に反応すると軽い痛みを感じることがあります。
ワキやビキニラインは他の部分より痛みが強くなっていますが、一瞬で終わるので我慢が出来ないほどではありません。
施術の時には多くの場合におきましてはタオルで目隠しをしますので、、細かい様子を見ることは出来ません。
脱毛の過程におきましては脱毛箇所に機械を当てていきながら進められていきます。"

LED電光看板はこちら
http://led-pro.co.jp/effect/about.html



痛みは我慢出来ないほどではないブログ:19-10-15

小さい頃、
あたくしは親父に対して不満がありました。

あたくしは、親父に誉めてもらった記憶がないのです。

親父の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

あたくしにはそれが親父から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「親父はあたくしのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから23時も日曜日も家にいないんだ」
「親父が誉めてくれないのは、あたくしがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩息子であると自覚があるくらいですから、
親父にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

親父があたくしに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「あたくしを傷つけた」「あたくしに寂しい思いをさせた」
「あたくしに自信がないのは親父のせいだ」
「あたくしの求める親父ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん親父のことを否定し、
責め続けてきたあたくしにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、親父の愛だったのです。